文化公演

インドネシアと日本との友好関係を深めるために,在日インドネシア留学協会宮城支部(PPIS)はインドネシア文化の紹介を通じて,仙台市内を中心として,宮城県で行われる祭りや交流活動でパフォーマンスをします。インドネシアのダンスや伝統的な楽器の演奏に興味を持っている皆さんは大歓迎です。そのため、インドネシアの伝統的な踊りや音楽演奏の依頼を受け付けます。お問い合わせはまでお待ちしております。

仙台サマンクラブ

サマン踊りはアチェで最も人気のあるダンスで”千手”という名前で海外でよく知られるようになったダンスです。アチェのガヨ高原中央のアラス民族にその起源を持っており、通常は、預言者ムハンマドの誕生日を祝ったり、他の重要な行事でも行われます。このダンスは元気いっぱいでダイナミックです。そしてこのダンスを踊るにはダンサー同士、息を合わせることがとても大切です。そこで、手や胸を叩く音や,床を打つといった激しい動きによってダンスのリズムを形成します。音が大きくないと、演技者にリズムの音が聞こえなくなり、全体のリズムがくずれたり、呼吸の不一致から仲間に怪我をさせてしまう恐れがあります。このようなダイナミックで見事な動きの連携がこの踊りの魅力です。

仙台アンクルンクラブ

アンクルンはインドネシア・ジャワ島の西ジャワに起源を持つといわれています。中を削ってオクターブに調律した2本の竹筒とそれをつなぐ竹枠からなり、ゆすって竹筒と竹筒をぶつけて音を出します。音程は竹の長さ・太さによって異なり、ハンドベルのように何人かで分担してメロディーを形成します。アンクルンは、東南アジア中で有名ですが、元々はインドネシアの伝統的な楽器であり、何世紀にもわたってスンダ民族で演奏されているものです。